アクセス解析で稼ぐアフィリエイトノウハウとは?基礎から分かる必要性と意味

アクセス解析無題


今回は「アクセス解析で稼ぐアフィリエイトノウハウとは?」

ブログやサイト運営者の多くはアクセス解析を使用していますが、
その必要性や意味を正確に理解している人はあまりいません。


ですから、

『やったー、アクセス数が増えた!』

『全然、アクセスが来ない・・・』

と、一喜一憂しているだけ。


つまり、収入アップには何ら貢献していない訳ですね。


これではダイエット実践者が、体重を計測して「また、体重が増えた・・・」
「今日は何キロ痩せた!」と確認しているだけの状態と変わりません。


もちろん、現状分析は重要ですよね。

今の状況が理解できないと次の対策も取れないからです。


でも、殆どの人は現状把握のみで終わってしまいます。

本当に必要なのは現実を冷静に直視した上で、
どうやって報酬を増やす施策が打てるかです。

そのノウハウを初心者にも分かるように、
基礎から解説していきます。



アクセス数よりも最初は成約率が大切


単なる趣味や情報公開を目的にブログやサイトを公開する場合と異なり、
私達の目的はビジネス、収益化が前提になります。


つまり、

『お金を稼ぐためにアクセス解析をどう使うか』

を考える必要があります。


どんなにアクセスが増えたとしても、CVR(コンバージョン率)が低ければ、
アフィリエイトでは成約に至らないので収入に繋がりません。

商品購入や資料請求などのアクションを起こしてもらえなければ、
アフィリエイターとしては負けを意味します。

ゴールを決められないストライカーに存在価値が無いのと同じですね。


どれだけ綺麗なサイト、ユーザビリティーの高いブログを運営しても、
稼げなければ記事を投稿するだけ時間の無駄になってしまいます。



そんな風にならないために、
サイトの直帰率(離脱率)を確認する必要があります。

サイト内のアフィリエイトリンクが掲載されたページに閲覧者が訪問した時に、
成果にならないという事は、そのページの作りに問題があります。

アクションを起こさずに直帰、離脱してしまう
⇒サイトの質に問題ありという事ですね。


直帰率が高い場合は「訴求の仕方を変更せよ」という合図。

アピールポイントを変えてテストを行い、
成果に繋がるページ構成を目指し、最適化(LPO)を行って下さい。


最適化を行う際には、どのキーワードから売上が上がっているかを確認し、
それに基づいた対策を取りましょう。

コンバージョンゲッターを用いれば、
アフィリエイトサイトでもコンバージョンが
測定できるので売上アップに大いに役立ちます。


成約率を上げた後に圧倒的なアクセス数を得るノウハウ


成約率が高いサイトを作成した後に、
アクセス数を増やすことで収入アップに繋がります。

報酬にならないアクセスをいくら集めても無駄ですね。
商品購入や資料請求してくれない冷やかし客では意味がありません。


では、どのようにアクセス解析を活用すれば稼げるのか?

『成約率の高いサイト』×『圧倒的なアクセス数』=『爆発的な報酬』を
実現するポイントをお伝えします。




記事の続きを閲覧するにはパスワードを入力して下さい。

パスワードはメルマガ読者限定で公開しています。

メルマガは、こちら から登録できます。


>>詳しくはこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ