不動産投資で安定した家賃収入を手に入れるためには?

不動産投資をすれば、誰でも安定した家賃収入が得られるわけではありません。
大家さんは時間も自由で副業としても使えるというイメージがありますが、
そこに至るまでにはそれ相応の努力をしています。

不動産投資の場合は、投資の種となる物件を購入するという大きなハードルがあります。
希望通りの物件が見つからない、ローンが通らない、予想通りに入居者が入らなかったり、
など普通に不動産売買を行う以上にうまくいかない要素がたくさんあります。

成功させるためには、投資を成功させるためには知識を仕入れて実践してみることが大切です。
まず最も重要なのが物件スペックで、選び方一つで投資結果の成否が大きく分かれます。

物件そのもののチェックだけではなく、周辺地域の情報を考査して、
ニーズを的確に捉えられるようにすることがポイントです。

ベストな場所は、賃料が高くて購入価格が安い地域です。

初めての人は賃貸需要が多い全国から人が集まる首都圏や名古屋、
大阪を中心とした三大都市圏と呼ばれているエリアが物件が豊富で投資しやすいです。

地方でしか選べない場合は、県庁所在地なら投資対象となる可能性もありますが、
家賃が安いエリアだと安定した利益を確保するのが難しいので、
なるべく家賃を高く設定できるエリアを選ぶようにするのがコツです。

また、エリア内の不動産価値が一気に高まる再開発計画に注目するという方法もあります。
再開発されると街並みが美しくなったり、便利な商業施設が増えて住みやすくなるので、
エリア人気が高まって不動産価値が上昇することが多いです。

こういう魅力的な再開発計画をチェックしておいて、
人気が出る前に物件を購入しておくという手もあります。
再開発の予定は、自治体のホームページから確認することができます。


自治体名と再開発計画というキーワード検索で探してみると見つかりやすいです。
物件選びは序章にすぎませんが、ここが最も重要なポイントです。
会社員が毎月100万円の不労所得を稼いだ方法


>>詳しくはこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ