不動産投資が相続税対策になる理由をご存知ですか?

日本銀行が導入したマイナス金利政策が大きく影響し、ここ最近では
定期預金などの預金商品の金利が驚くほど低くなっています。

まとまった貯金ができた場合、預金商品に預けておくのは賢明な資産運用の手段とは
いい難くなっていますし、ここ最近では投資に興味を持つ人が
飛躍的に増加しているという実情もあります。

しかしながら、それまで投資の経験が全く無かった人が投資を始める場合、
何に投資をしたら良いのか迷ってしまうことが考えられます。

できるだけリスクを避けつつ、安定した収益を見込むことが出来る投資はないものでしょうか。

初心者でも比較的容易に始めることができ、高い収益性と安定性を期待できる投資手段として、
つよくおすすめができるのが、不動産投資となります。

不動産投資は購入した不動産を賃貸物件として貸し出す等の運用をする投資方法であり、
投資の中でも特に高い収益性と安全性を誇る手法として、年齢や性別に関係なく、
多く人が実施しているのです。

不動産投資は、不動産を購入するわけですから、初期費用がかかってしまいますが、
不動産は大幅な値崩れが起きにくいという特徴がありますから、株式投資や外貨への
投資と比較をすると、その安全性は圧倒的であるといっても過言ではありません。

また好立地の不動産を購入すれば、将来値上がりが期待できるので、
ただ保有しておくだけでも大きな収益が見込めますし、比較的高めに
家賃設定をしても、安定的な入居者獲得も期待できます。


安定的な家賃収入は、将来における年金減額のリスクヘッジにもなりますし、
不動産を保有しておけば、急にまとまったお金が必要となった時でも
売却ができるので、いざという時の保険にもなるのです。

加えて、不動産を取得する際に、住宅ローンを組んで購入をしておくことで、
最長10年間減税措置を受けることが出来るので、節税対策にも効果を発揮します。

低リスクで安定的な収益を得たいと考えるのであれば、不動産投資はうってつけなのです。
会社員が毎月100万円の不労所得を稼いだ方法


>>詳しくはこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ