不動産投資は投資初心者にもオススメなのか?

不動産投資が相続税対策になるということが広まっていますが、
すべての人にあてはまるわけではないので、注意をしておきましょう。

不動産投資が相続税対策になるということが注目された1つのきっかけは、相続税法の改正です。

基礎控除の金額が「3000万円+600万円×相続人の数」となりましたので、
相続税を支払わなければいけない人の割合が増えました。


東京都などにはお金持ちが多いので、20%くらいの人が対象となると予想されています。

しかし、全体で見るとまだまだ少ない割合なので、
相続税について気にしなくても良い人のほうが多いです。

例えば、現金の1億円があった場合、相続人が1人なら、基礎控除は3600万円となるので、
6400万円に対して相続税がかかります。その金額はおよそ1200万円です。

もしもこの1億円を土地や建物などの不動産という形に変えておけば、どうなるでしょうか。

土地や建物は購入をした価格で評価がされず、独自の評価額がつきます。
土地ならだいたい80%くらいの評価額がつくことが多いようです。
建物の場合は50%~60%くらいになります。

さらに、不動産投資をしてだれかに貸している場合には、さらに30%の控除がされます。
また、小規模宅地の特例が適用されたら、土地の評価額は半分になります。

1億円の現金を使って不動産投資をすることで、
最大で60%~70%くらい評価額を減らすことができます。
その結果、相続税がゼロになることもあるでしょう。

相続税対策として不動産投資はほぼ確実に有効な手段となります。

しかし、注意点もあります。それは、いくら相続税を節約できたとしても、
それ以上に投資で損失を出してしまったら意味がないということです。

不動産投資ローンを組む場合には利息もかかってきますので、特に注意をしておきましょう。
また、相続をした子供が必ずしも適切にマンション経営ができるとは限りません。

悪質な管理会社にひっかかってしまう可能性もあります。
デメリットやリスクについても十分に理解をしておきましょう。
会社員が毎月100万円の不労所得を稼いだ方法


>>詳しくはこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ