頭金なしで不動産投資を行う際の注意点はコレだ!

かつて投資と言えば、金持ちの資産家がより資産を増やすために行うものであり、
一般人には敷居が高いイメージが強くありました。

ですがそれも昔の話で、インターネットが普及して手軽に株取引やFX等の金融投資が
行える様になってからは、普通のサラリーマンやOLも積極的に投資を行う人が増えました。

そんな風に投資は随分と身近になったものの、不動産投資に関しては、
未だに資産家でないと実践するのが難しいと考える人が多かったりします。

確かに不動産投資を行う場合、不動産物件を購入する必要があるため、
自己資金がない人には、参加する事自体無理だと考えがちです。

ですが実際の所、イメージとは違い、貯金ゼロで頭金なしでもスタートできたりします。

不動産投資を頭金なしで行う方法とは、フルローンで融資を受けて、物件を購入する事です。
フルローンで融資を受けて不動産物件を購入した上で、その物件を賃貸に出します。

こうして家賃収入を得られる様にすれば、家賃でローンを返済して行く事が可能な上に、
自分のお金は一切使わずに、ローンを完済し、その物件を自分の財産にする事が可能です。

ただしそんな頭金なしの不動産投資を成功させるには、
フルローンの審査に通る必要があります。

そのためには、安定した収入がある事はもちろん、
購入価格と金融機関が行う査定額に差がない物件を選ぶ事が重要です。

間取りが魅力的なだけでなく、駅やお店が近くにあるといった、
暮らしの利便性が高い不動産物件を探し出す事が大事です。


賃貸経営を上手く行うには、一昔前では常に借り手がいる状況を
作らなければいけませんでしたが、時代は大きく変わっています。

今では借り手がいなくても家賃保証を行ってくれる管理会社もあるので、
頭金なしで完全ノーリスクで取り組むこともできるようになりました。
会社員が毎月100万円の不労所得を稼いだ方法


>>詳しくはこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ