不動産投資で失敗するサラリーマン!何に注意すれば良いの?



副業を行うサラリーマンが増えていますよね。不況が続いたことにより、
本業だけでは生活や教育の資金を確保するのが難しくなったからでしょう。

同様の理由によって不動産投資に挑戦するサラリーマンも増加中です。
本業で忙しいサラリーマンにとって、不動産投資で得られる不労所得は非常に魅力的です。

しかし不動産に大金を投資しても、必ずしも成功するとは限りません。
なかには失敗して損をする人もいます。

どのような事例があるのかを知っておくと、
自分が行う場合に成功する可能性を上げられるでしょう。


良くあるのは、アパートやマンションに投資して入居者を募集する際の失敗です。

当然ですが、入居者が集まらなければ収入を得ることはできません。
それどころか維持費を支払う必要があり、赤字が続いてしまう恐れもあります。

入居者を増やすには、不動産経営に関するプロのノウハウが必要です。

たとえば外壁の塗料の選び方によっても、入居者の数に変化が現れるといわれています。
その地域で賃貸物件を探す人の傾向なども分析しておく必要があります。
若い女性が多い地域であればモダンなデザインが良いです。

逆に高齢者が多ければ、落ち着きの感じられるテイストが良いでしょう。
そのようなノウハウがないまま、投資だけを行うのは避けましょう。

入居者を集められず失敗してしまう可能性が高いです。

事前にしっかり勉強したり、ノウハウの欠如を補ってくれる
不動産業者を利用する必要があります。


また投資物件の選び方で失敗する人も多いです。

たとえば、ファミリー用のタイプのほうが高い収益が得られるからといって、
そのような物件を選ぶ人が少なくありません。

単身者用のタイプと比べて投資の額も高くなりますが、
後から回収できると判断してのことです。

しかしファミリー用のタイプだからといって、単身者用のタイプより
高い収益を得られるとは限りません。

入居者が集まらずに単身者用と同じ家賃に下げることもありえます。

投資で失敗しない為には百戦錬磨のプロに相談するのが一番ですね。
会社員が毎月100万円の不労所得を稼いだ方法


>>詳しくはこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ