不動産投資の賃貸リスクを低下させる空室保証とは?

不動産投資の魅力は、毎月得られる家賃収入ですよね。
一旦入居者が見つかれば数年間は毎月家賃収入を得られるので、
安定して利益を上げることができます。

しかし、家賃収入を得るためには入居者を見つけなければいけません。

入居者が見つからないと、税金などのコストばかりかかってしまい、
不動産投資が失敗に終わります。

つまり、空室対策は不動産投資において、
成否を左右する重要なポイントとなるわけです。


空室対策の一環として不動産投資で行われているのが、空室保証です。

空室保証とは、保証料を毎月支払い続けることにより、
空室が発生した場合、家賃を保証してくれます。

入居者が見つからず空室が発生しても金銭を受け取れるので、
不動産投資のリスクを回避する方法として広く取り入れられています。

特に入居者の出入りが激しいワンルームマンションには、
空室保証は賃貸リスクを低下させる有効な対策と言えるでしょう。

毎月保証料を支払うので利益は下がりますが、空室問題を解決できるので、
オーナーには非常に魅力的な制度です。

また、空室保証のサービスを受けながら不動産投資を始めると、
ローンを組むときに有利になると言われています。

融資をする側からも、空室が多いと利益が減ってしまい、お金を回収することができません。

しかし、空室保証で常に一定の収入を得られる見込みがあるなら、
ローン審査で加味して通りやすくなります。


ローンでマンションやアパートを購入して不動産投資を始めるなら、
是非とも活用したいでしょう。

もちろん空室保証だけでは、抜本的な空室対策とは言えません。

空室保証にも期間があり、30年などの長期に及ぶ場合もあれば、
保証期間が2年しかない場合もあります。

期間を過ぎると空室保証を受けられなくなるので、不動産投資を始めるなら
入居者にとって、魅力的な物件を購入することも忘れていけません。

物件購入時から空室対策を考えつつ、
さらに保証制度も活用すれば、失敗のリスクは下げられます。
会社員が毎月100万円の不労所得を稼いだ方法


>>詳しくはこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ