忙しい会社員には不動産投資で不労所得がおすすめ!?

近年では、会社員の給与体系として年功序列のシステムが機能しなくなりつつあります。

一昔前であれば働くにつれて給与が上昇するのが普通でしたが、最近では
成果主義による査定や会社の経営状況などが大きく昇給に影響してくるのが通常です。

自動的な給与の上昇が望めない以上、会社だけに依存してしまうのは危険ですし、
自力で収入を増やしていく心構えが必要です。

とはいえ、休日や就業時間後にアルバイトをするのは現実的でありません。
そもそも多忙でそのような余裕がない人が多いですし、就業規則により
副業が禁止されていることもあります。

住民税の関係から会社に隠してアルバイトをするのは困難ですし、
たとえ就業規則で禁止されていなくてもあまり良い顔をされないことも多いでしょう。

会社員が会社にバレずに収入を得るには、不労所得を得るのが一番です。

不労所得というと、不動産投資や株式投資がありますが、
時間がない会社員におすすめなのは不動産投資です。


株式投資とは誰かが得をすれば必ず誰かが損をするものであり、株式市場に参加すると
専業で株式投資を行っているトレーダーや機関投資家たちと戦わなければなりません。

時間的にも精神的にもかなりの制約のある会社員が彼らに勝つのは、
かなり困難であるのが現実です。

不動産投資であれば、一度不動産を購入すれば毎日投資のために時間を割く必要はありません。
不動産投資の一番のリスクは借り手がいないことですが、収益性の高い物件を
十分吟味した上で購入すれば、空室のリスクも十分避けられます。

不動産の収益性における価値は、株式の価値のように一朝一夕に変わるものではないので、
株式投資のように精神的に振り回されることも少ないとも言えます。

不動産のメンテナンスや顧客への対応といった業務は発生しますが、
休日に行うこともできますし、管理会社に一任することもできます。


自由度が高く精神的余裕をもって行える不動産投資は、
会社員が不労所得を得る方法に適していると言えるでしょう。
会社員が毎月100万円の不労所得を稼いだ方法


>>詳しくはこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ