不動産投資は年金対策になるのか!?【徹底調査】

あらゆるメディアで退職金や公的年金の仕組みが根底から揺らいでいると
報じられているため不安感を覚えている方が少なくないですが、
支払っていれば大事には巻き込まれないと無根拠な自信を持っている方も多いです。

しかし、一度立ち止まり年金対策について思いを馳せてみて、給付が開始される時期や
終了する時期などを理解し、物事をクリアにしていくことが大切です。

そのように冷静に実情を把握してみると、必ずしも年金が支払われるという
確証が無いことが判明しますし、個々が年金対策を講じて不安を
解消していかなければならないということが判明します。

そこで、不安を解消するために良いとされているのが不動産投資であり、現役を退いても
収入が得られたりローンを返済し終えると家賃が全て収入源になるという魅力があります。


40年間加入し続けると退職後は一ヶ月間に20万円を得ることができるので
余裕があるように見えますが、実際は必要とされる25万円に足りていません。

パートナーとの額を合わせるとようやく到達するといった様相なのですが、
決してゆとりがあるとは言えない状況なので余裕を得て過ごしていきたいのなら
何らかの資金源を確保しなければならないのです。

そういった点を考慮した場合、月々安定した家賃が得られるという
不動産投資は年金対策という観点ではうってつけであると言えます。

ただし、不動産投資というのは必ず空き室というリスクが付きまとい、
必ずしも理想的な結果にならないことがあるため、金銭が毎月入らなくても
生活の土台は保てるようにしておくべきです。

つまり、生活費のような使い方をする費用を不動産投資で賄うのは
危険であるということを理解しておきましょう。

年金対策でマンションなどを手配するのなら、
パートナー役になる投資会社の存在が大変大きなものになります。


良い業者というのは何もわからない状態であっても疑問を丁寧に解消してくれる者であり、
努力を惜しみなくパートナーを探していくことが重要です。
会社員が毎月100万円の不労所得を稼いだ方法


>>詳しくはこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ